5.25.fri 下北沢Circus

May 2, 2018

 

 

https://www.facebook.com/events/199443350673206

 

ヨシダダイキチ×岡部洋一×きゅうり

 

ヨシダダイキチ(シタール)× 岡部洋一(パーカッション)× きゅうり(タブラ)によるトリオ編成ライブ。

「ROVO」「オルケスタリブレ」「ボンデージ・フルーツ」「デビット・サンボーン」「リリアナ・エレーロ」などを支える" 岡部洋一 "の怒涛のグルーヴに、UAやSAICOBABで知られる" ヨシダダイキチ" のポリリカルかつ美しいシタールの音色と、” きゅうり "のタブラのビートが絡みつく、踊れる変拍子ライブ。

2018.05.25(金) open 19:00 / start 20:00
@下北沢Circus(下北沢駅徒歩6分)
東京都世田谷区北沢1-40-15 北沢ゴルフマンション1F

予約 2,500円 /当日 3,500円
※別途+2orderをお願いします。

予約方法 > イベントページにて参加ボタンまたは各出演者までご連絡ください。

ーーーーー
【出演者プロフィール】

●ヨシダダイキチ/シタール奏者
http://www.yoshidadaikiti.net/
http://www.facebook.com/sitar.yoshidadaikiti/

1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。
ウスタッド・シュジャート・カーン/Ustad Shujaat Khanの弟子。
YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)とのユニット「saicobaba」を結成し5枚のCDをリリース。様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」を結成し5枚のCDをリリース。シタール5~30台を使ったユニット「sitaar-tah」を結成しニューヨークachiverecord/importantrecordより2枚のCDをリリース。日本のレーベルからオリジナルアルバム「Tah!」をリリース。UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、プロデュース。奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」を、インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジしたアルバムをプロデュース。秋田民謡・梅若会、アルナングシュ・チョドリィ、アリフ・カーン、スダマニ、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、ジム・オルーク、デバシシュ・バッタチャリア、フェルナンド・カブサッキほか多様なジャンルの音楽家と共演。台湾、中国、韓国、インド等公演。


●岡部洋一
http://okabeyoichi.com/

高校時代からパーカッションの演奏を始める。
早稲田大学在学中にラテン音楽やロックのサークルに出入りし、プロとしての活動を開始。歌謡曲のバックや、ブラジル音楽、ジャズなど幅広く演奏する。
現在はトランスロックバンド「ROVO」や、プログレッシブジャズロックバンド「ボンデージフルーツ」、16人編成のブラスロックバンド「THE THRILL」のメンバー。
2001年、ソロアルバム「SATIATION」をまぼろしの世界からリリース。2006年には、ソロライブアルバム「感覚の地平線」をリリース。
洗足音楽大学ジャズコース非常勤講師。
2017年撮り下ろしのセッションを自己分析したDVD「岡部 洋一 パーカッションズ・セルフアナライシス [DVD]」発売開始。

●きゅうり
http://www.kyuri-tabla.com/

タブラをインド国内外で活躍する「ArunangshuChaudhury」に師事し、インド、韓国、台湾をはじめ諸外国での公演を行なっている。
日本では、インドから古典音楽演奏家を招聘し、文化交流公演の企画・共演を行なう。
また、Unit_a w a_(ヨシダダイキチxきゅうりxTAKSEEMAxHAMAfrom滞空時間)や、タブラと電子音を組合わせたソロ活動のほか、画家「日下部泰生」との実験ユニット「MetaHolics」など音楽以外のアーティストとの活動も精力的に行なう。

Please reload